HOKURYO Not Miracle, Get Ready.

北良株式会社

お電話はこちら(受付時間 9:00~17:00)

本社0197-73-7222

盛岡支店019-659-1818

facebook

お知らせ

  • 2020年10月08日プレスリリース

北良とWOTAが災害に強い⾃律分散型インフラシステムの実現に向けて戦略的提携を発表

 2020年10月8日

 北良株式会社(本社︓岩⼿県北上市、代表取締役︓笠井 健、以下「北良」)とWOTA株式会社(本社︓東京都⽂京区、代表取締役︓前⽥ 瑶介、以下「WOTA」)は、災害に強い分散型インフラシステムの実現に向けて、戦略的提携を締結したことを発表しました。
 この提携により、北良の⾃律分散型電源・熱源と、WOTAの⾃律分散型⽔循環システムを組み合わせ、災害に強い⾃律分散型インフラシステムとして提供する体制を整備いたします。

■提携の概要
1)災害に強い⾃律分散型インフラシステムの実現
 災害時においてライフラインインフラのレジリエンスは最重要課題の⼀つです。また、北良のLPガス等による⾃律分散型電源・熱源とWOTAの⾃律分散型⽔循環システムは、ともに災害時にも変わらず機能するライフラインとしての共通点があります。そこで、両社の製品・技術を組み合わせパッケージ化することで、⽔、電気、熱の揃った、災害に強い⾃律分散型インフラシステムを実現し、災害⼤国⽇本におけるインフラの新たなスタンダードとなることを⽬指します。

2)分散型インフラシステムを⽤いた災害対応における協⼒
 両社はこれまでも災害対応において連携をしてまいりましたが、今後さらに協⼒関係を強化すると共に、分散型インフラシステムのパッケージ検証を加速することを⽬指します。

■北良株式会社 代表取締役 笠井 健 コメント
「当社では東⽇本⼤震災、熊本地震、⻄⽇本豪⾬など数々の災害で被災地での⽀援活動を⾏うと同時に電源、酸素、⾞両による移動などを災害時に継続するための新たなソリューションの開発を⾏ってきました。そうした活動の中でWOTAとの協⼒関係が⽣まれ、製品の開発協⼒や被災地での⽀援活動を共同で⾏うなど、強固なパートナーシップを構築して参りました。当社では医療的ケア児や呼吸器疾患の在宅患者など、災害弱者とされる患者と家族の⽀援を重視しており、⼤規模災害では電源、熱源、空調、⽔、トイレ、酸素、プライバシーといった多くの要素をサポートする必要があります。今回の戦略的提携により当社では、WOTAの⽔処理技術をより効果的に活⽤し、電⼒や上下⽔道などのインフラが停⽌した状況でも患者や家族が安全で快適な避難を可能にする移動可能なオフグリッド・モジュールを開発しました。今後、様々な⾃治体や企業と実証試験を重ね、⾃律分散型インフラシステムの実⽤化、普及に向けてWOTAと協⼒し社会課題への解決に貢献して参ります。」

■WOTA株式会社 代表取締役 前⽥瑶介 コメント
「今回の戦略的提携により、WOTAの取り組んできた⽔だけではなく、電源・熱源の揃った分散型ライフラインのパッケージを作ることができると、我が国の災害対応における新たな⼀歩を作り出すことができると考えています。またWOTAとしても、北良のライフライン分野における⻑年にわたる知⾒・ノウハウを学ぶ⾮常に良い機会になると考えています。WOTAと北良は、WOTAの創業期から連携してきましたが、今回の戦略的提携を契機にパートナーシップをさらに強化してまいります。持続可能でより良い未来の実現に向けて、知的で安全な技術により企業と社会を強化するというビジョンを共有しています。」

<北良株式会社について>
北良株式会社は、医療・産業・⺠⽣分野における各種ガスの製造販売を通じて地域の医療・暮らし・ものづくりを⽀援する総合ガスプロバイダーであり、医療分野においては在宅酸素療法等の在宅医療サービスを提供しています。東⽇本⼤震災における医療機関や在宅医療患者の災害⽀援活動を通じて、多様な災害対策システムや装備等の開発、供給、⼈材育成を進める「医療と防災のヒトづくり・モノづくりプロジェクト」を推進しており、地域の防災⼒強化のために⾃治体や企業、医療関係者向けに災害対策機器やノウハウの提供を⾏っています。“災害に強い社会を創る”ことをテーマに、新たな技術や仕組みを活かし、災害に強い医療体制や地域づくりに貢献して参ります。

【会社概要】
北良株式会社(https://www.hokuryo.biz)
本社所在地︓岩⼿県北上市和賀町後藤⼆地割106番160 後藤野⼯業団地
設⽴ ︓1975年8⽉
代表者 ︓代表取締役 笠井 健
事業内容 ︓家庭⽤・産業⽤・医療⽤の各種エネルギー、ガスの製造販売、
在宅医療、災害対策ソリューションの提供

<WOTA株式会社について>
WOTAは、「誰でもどこでも⽔の⾃由を」をミッションに、上下⽔道が断⽔した場合でも、⽔循環の技術により限られた⽔量で多くの⽅に⼊浴等の⽔利⽤機会を提供することが可能と
なるAIを活⽤した⾃律分散型⽔循環システム「WOTA BOX」を提供するなど、災害時から⽇常⽣活まで様々なシーンで世界中の⼈々に新しい⽔インフラを提案するため、研究開発、プロダクト開発を⾏っています。2020年7⽉には、世界規模での公衆衛⽣のアップデートを⽬指し、独⾃の⽔循環テクノロジーとAIを活⽤した⾃律分散型⽔循環システムを搭載した、⽔循環型ポータブル⼿洗い機「WOSH」の開発、製品化を実現しました。今後も、⽔循環を⽤いた次世代の⾃律分散型⽔インフラの研究開発・事業展開を通して、⼈類と⽔の未来を創造するべく、プロダクト・サービスの改善に努めるとともに、研究開発・事業展開をより⼀層強化して参ります。

【会社概要】
WOTA株式会社(https://wota.co.jp)
本社所在地︓東京都⽂京区本郷四丁⽬12番5号
設⽴ ︓2014年10⽉
代表者 ︓代表取締役 前⽥ 瑶介
事業内容 ︓⽔処理装置の製造・開発、アルゴリズム開発

【⼀般向けの問い合わせ】
■北良株式会社
お問い合わせフォーム︓ https://www.hokuryo.biz/contact/index.html

■WOTA株式会社
お問い合わせフォーム︓ https://wota.co.jp

カテゴリー

pagetop