お知らせNews

2024.02.10

「SUZU DREAM CLUB」支援のためのクラウドファンディングを開始しました

北良株式会社(以下、当社)は、石川県珠洲市にあるウエイトリフティングクラブ「SUZU DREAM CLUB」を支援する目的で、クラウドファンディングを開始したことをお知らせいたします。

プロジェクトを立ち上げたきっかけ

能登半島地震の被災地で支援活動を行なう中で、珠洲市で被災された、女子重量挙げ元日本王者の長谷場(現:浅田)久美さんと出会いました。 長谷場さんは岩手県釜石市のご出身で、日本における女子ウエイトリフティングのパイオニアと呼ばれ、アテネ・北京オリンピックでは日本代表の監督も務められました。

そんな長谷場さんは現在、珠洲市で子供たちのウエイトリフティング教室「SUZU DREAM CLUB」を立ち上げ、“珠洲から世界へ、珠洲からオリンピックへ!”を目標に活動しています。

今年も新たな夢に向かってスタートしたその日に被災。一日一日を生きることで精一杯になってしまいました。

子供たちの練習拠点である珠洲市ウエイトリフティング場は、発災直後から災害派遣の方々の待機場所となっており、そこでの練習ができません。

今現在、選手たちは各々の避難場所や親戚宅に身を寄せています。3月下旬には全国高校選抜大会、4月には全日本選手権大会、5月は国際大会も控え、このままでは出場が危ぶまれる状況に追い込まれています。

近県の施設を借りて合宿形式での練習再開も計画しましたが、それに掛かる経費や、大会本番に向けての移動費等が賄えない状況にあります。それでも長谷場さんは子供たちの練習環境を少しでも整えて大会出場を果たし、「被災地の皆さんに再起のパワーをお分けしたい」「珠洲で生きていくための希望を作りたい」という強い思いを持っています。

ただ、珠洲市は4割近い住宅が全壊し、残るほぼ全ての住宅も大きな損害を受けており、断水の解消や瓦礫の撤去作業もまだ十分に進んでいません。生活の復旧も見通せない中で、子供たち、そしてスポーツへの支援を呼び掛けて良いのか、自身も被災者である長谷場さんは悩み葛藤されていました。

しかし、東日本大震災を経験した我々は、衣食住の確保や生活の再建はもちろん大事ですが、同時に次の時代を担う子供たちへの支援や将来に期待を持てるような生き甲斐を地域に取り戻すことも同じように大切なことだと実感しています。

そこで、長谷場さんの思いを知った当社は、外からの支援者だからこそできることがあると思い、長谷場さん率いる「SUZU DREAM CLUB」で指導を受けている飯田高校ウエイトリフティング部の生徒たちを応援するため、本ファンドを立ち上げることと致しました。

プロジェクトの内容

■目標金額 215万円

■目標金額の使途および実施する内容
達成金額は全額、「SUZU DREAM CLUB」へお渡し致します。
クラブに所属する子供たちの、大会遠征費、およびそれに向けた県外練習施設の利用料等に使用します。

<今後の大会予定>
3月下旬 全国高校選抜大会
4月   全日本選手権大会
5月   国際大会

支援、応援に対するお礼

①お礼メール
順次お送りさせて頂きます。

②報告と感謝の会(オンライン)へご招待
6月開催予定。詳細については、4月頃に決定し、5月中にメールにてお知らせいたします。

プロジェクトの展望・ビジョン

地元珠洲の子供たちが大会で活躍する姿を見せることで、被災地の方々に希望を届けたい。

応援・支援方法

本プロジェクトは、クラウドファンディングサービス「READY FOR」内にて実施しております。
詳細は、こちらをご覧ください。

Contact

お問合せはこちら