MEMBER

03

医療部2010年入社

三上 美恵Mie Mikami

自分らしく頑張ることが、人生を充実させていく。

Episode 01

入社前〜4年目社会にとって大切なエネルギーと環境を考える。

学生時代は地球環境に関する学びを深めるなかで、一年間ヨーロッパに留学。社会や人々にとってエネルギーはどんな役割を果たし、環境とどう関わっていくものなのかを客観的に考える経験をしました。印象的だったのは、1つの企業がトータルにエネルギーサービスを行っていたこと。それらもきっかけとなり、就職活動の際には“社会的意義の大きいインフラに携わりたい”と考えて当社を受けました。面接の際に感じた「社長がこれだけ自由な人ならきっと会社も自由な雰囲気に違いない」という印象も大きかったです。

Episode 02

5年目〜9年目お客様への思いを
本音でぶつけ合うということ。

医療部の一員として、仕事全般のスキル向上とともに充実した毎日を送るなかで結婚し、その後出産のための育児休暇を取得しました。一旦、仕事の現場を離れることになった時には部下に担当の引き継ぎをしましたが、正直なところ“自分のお客様を手放すのは悔しい”と残念な気持ちでした。その思いが出産後の仕事に対する新たな心構えを築いてくれたと思います。復帰後は主任に昇格、当初は部下の育て方がわかりませんでしたが、やがてお互いに納得するまで仕事に対する思いを本音でぶつけ合うという、自分らしい育成方法も見出せたと思います。

Episode 03

10年目〜現在後輩女性社員たちの模範となれるよう自分らしく。

現在は課長として、これまで以上に大きな責任を感じながら仕事に臨んでいます。この間、3度の育児休暇を取得したこともあり“みんなに助けられながら仕事をしているからこそ頑張ろう”と、恩返しのような思いも強くなっています。今や育児休暇からの職場復帰はどの企業でも当然の制度という感じですが、大切なのはそれを権利ではなく好機と捉えること。これから同じような道を辿る女性の後輩のためにも、模範となることができるよう自分らしく頑張ることが、当社の働きやすさや職場環境の魅力を高めることになると信じています。

  • 8:00 出社メールチェック、全員での朝礼、環境整備、部下との打ち合わせ
  • 9:00 電話各取引先と電話で打ち合わせ
  • 10:00 社内業務製品状況確認、資料作成など
  • 12:00 昼食・移動さまざまな情報収集を兼ねて昼食はできるだけ外で
  • 13:00 営業部下との営業同行やフォロー訪問
  • 15:00 社内業務①共通システムに関する打ち合わせ
  • 16:30 社内業務②患者様情報チェック、社内混合グループのミーティング
  • 17:30 退社部内の明日の予定を確認して退社、子どもの迎えに

プライベートの過ごし方

休日にはじっくりと手をかけた自慢の料理…を旦那が作ってくれます(笑)。もともと料理人なので味は保証付き。この料理でお酒を味わうことが何よりの楽しみです。私自身は、学生時代にアメフト部のマネージャーをやっていたのでスポーツやアウトドアが大好き。息子には釣竿の使い方を指南しています。なんとなく家庭内の役割が逆、というのが我が家流です。

MEMBER

01平常時も万一の時でも、インフラを担う意識をもつ。

2015年入社 / 製造部小田島 雄貴

MORE

02お客様や社会にとって欠かせない仕事という誇り。

2013年入社 / 営業部菊池 誠

MORE

03自分らしく頑張ることが、人生を充実させていく。

2010年入社 / 医療部三上 美恵

MORE

04常にその先を考えることが、明るいミライにつながる。

2017年入社 / 電力事業部菅原 綾音

MORE

05ITが現場でダイレクトに活きる驚きとやりがい。

2018年入社 / 総務部菊池 顕寛

MORE